メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

東邦、集中打で4強 六回打者一巡5点 監督・主将の話 /愛知

下位打線が打てた 東邦・森田泰弘監督

 試合の途中で調整し、後半で相手の投球に合わせることができたのが大きい。成沢(巧馬選手)中心に下位打線が打てたのは収穫。今年は優勝を目標にやってきた。次も力を合わせて勝ちたい。

    今大会一番の投球 東邦・石川昂弥主将

     自分が打てない時、下位打線が打ってくれるのがチームの強さの鍵。ピッチングは球のキレもよく、投げ分けができていて今大会で一番良かった。連投の影響もない。次の試合をしっかり勝ちたい。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト