メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

準々決勝 4強出そろう

 <2019 第91回センバツ高校野球>

     (31日・阪神甲子園球場)

     準々決勝4試合があり、4強が出そろった。明石商(兵庫)は来田の史上21本目のサヨナラ本塁打で前回大会準優勝の智弁和歌山に競り勝ち、春夏を通じて初の4強入り。明豊(大分)は龍谷大平安(京都)に延長十一回サヨナラ勝ちし、初の準決勝進出を決めた。大分勢の4強入りは第48回大会(1976年)の日田林工以来43年ぶり。習志野(千葉)は市和歌山との接戦を制し、春は初のベスト4。東邦(愛知)は筑陽学園(福岡)に快勝し、30年ぶりに準決勝に駒を進めた。1日は休養日で、2日に習志野-明豊、東邦-明石商の準決勝2試合が行われる。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト