メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

明石商4-3智弁和歌山 明石商、決める2年生

【智弁和歌山-明石商】九回裏明石商無死、来田がサヨナラの右越え本塁打を放ち拳を突き上げる=阪神甲子園球場で2019年3月31日、山田尚弘撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

    準々決勝(31日・阪神甲子園球場)

     明石商が来田の2本塁打の活躍でサヨナラ勝ち。1点を追う一回、来田の右越えソロなどで2点。同点の九回に先頭の来田が右越えにサヨナラ本塁打を放った。先発・中森は制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げて3失点完投。智弁和歌山は五回に3連続長短打などで同点としたが、終盤に2度の好機を逃したのが痛かった。

    初回、サヨナラ 強振2発

     カクテル光線に照らされた白球がライナーで右翼席に入った。明石商の1番・来田が一回のソロに続くサヨナラアーチ。来田で始まり、来田で終えた。

     九回無死、2ボール2ストライクからの5球目、内角高めの142キロの直球を強振した。一回はスライダーを右翼席に運んだが、どちらも2ストライクと追い込まれていた。「うまく球を引きつけて打てた」のは、高く上げていた足をノーステップ打法に切り替えていたからだ。

     フルスイングが魅力の左打者だが、体が前に突っ込む癖があった。そこで昨秋、狭間監督から追い込まれた時はノーステップで打つよう指導を受けた。「お前ならそれでもホームランを打てる」と太鼓判を押されていた。

     1年生の春から1番打者に抜てきされるだけでも期待の大きさがうかがえるが、バントを多用するチームにおいて「来田には(バントを)一回もさせていない。打たせた方が確率が高い」と狭間監督。この日も三塁に走者を置いた二回と六回の打席でも強攻させた。

     初出場だった3年前は準々決勝の龍谷大平安戦で5安打と打てず、1-2で延長十二回サヨナラ負け。そのチームに欠けていた一発の長打力を、今大会では2年生が埋め、明石商が初めて4強に進出した。【安田光高】

    3失点で完投した明石商・中森=久保玲撮影

    自信の直球勝負

     ○…明石商のエース右腕・中森は力勝負で強力打線を抑え込んだ。同点の七回無死三塁のピンチでは「一番自信がある」という直球を勝負球に選んだ。5番・根来を遊ゴロに仕留めると、続く佐藤も直球をファウルさせて追い込み、内角の146キロで見逃し三振。次の硲も直球で詰まらせ一ゴロに打ち取った。中学2年生の夏から本格的に投手を始めた2年生。161球を投げて「結構疲れはある」と苦笑しつつも、次戦に向けて「連投の準備はしてきたので」と強調した。

    九回裏明石商無死、来田(左)にサヨナラ本塁打を浴び、打球の行方を追う小林樹=山田尚弘撮影

    智弁和歌山、一球の怖さ

     ○…智弁和歌山の背番号18の2年生右腕・小林樹が最後に力尽きた。2番手として三回から登板して八回までは無失点。四、八回以外は得点圏に走者を背負ったが、140キロを超える直球にフォークを織り交ぜて切り抜けた。「直球でファウルが取れた」と手応えを感じていたが、九回に先頭の来田に甘い直球をサヨナラ本塁打された。「もっと厳しい球でもよかった」と悔やみ、改めて一球の怖さを知った。


     ▽午後4時56分開始(観衆2万4000人)

    智弁和歌山(和歌山)

      100020000=3

      210000001=4

    明石商(兵庫)

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト