メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦が平成最後のセンバツ優勝 平成最初の王者30年ぶり最多5度目

【習志野-東邦】優勝を決め喜び合う東邦の選手たち=阪神甲子園球場で2019年4月3日、山田尚弘撮影
【習志野-東邦】五回裏東邦2死二塁、石川が右中間2点本塁打を放つ(投手・飯塚、捕手・兼子)=阪神甲子園球場で2019年4月3日、山田尚弘撮影

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は最終日の3日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があった。東邦(愛知)が6―0で習志野(千葉)を破り、5回目の優勝を果たした。

 東邦の優勝は平成最初の大会だった第61回大会(1989年)以来30年ぶりで、中京大中京(愛知)を抜いて単独最多優勝回数となった。また、センバツで56勝目となり、大会勝利数でも単独最多になった。愛知勢の優勝は第77回大会(2005年)の愛工大名電以来。初のセンバツ決勝に臨んだ習志野は、千葉勢初の優勝を逃した。

試合経過

 先発は東邦が石川、習志野が山内。

 東邦は一回、1死から四球で出塁した杉浦を一塁に置いて、3番・石川がバックスクリーン脇まで運ぶ大会第18号の2ランを放ち先制。さらに2死一塁から6番・吉納が右翼線適時三塁打。この回計3点を挙げ、序盤の主導権を握った。

 五回には2死二塁で、この回途中マウンドに上がった習志野のエース・飯塚から石川がこの日2本目となる2ランを右中間に放ち2点を加えた。さらに八回には、二塁打で出塁した石川が犠打と犠飛で還り1点を追加。試合を決定づけた。石川は完封勝利。

 習志野は、東邦の先発石川から打線が3安打に抑え込まれ、二塁を踏むことができなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです