メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦、30年前の平成最初のVメンバー アルプスで歓喜

平成最後の優勝を決め、喜び合う平成元年の優勝メンバーら=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2019年4月3日、川瀬慎一朗撮影

 「平成最後の甲子園」となった第91回選抜高校野球大会決勝は、東邦(愛知)が第61回大会以来30年ぶりの優勝を成し遂げ、3日、幕を閉じた。アルプススタンドには30年前、元号が平成に変わってから初めて優勝したメンバー14人が応援に駆け付け、声を張り上げた。平成最初と最後のセンバツ優勝という快挙に、「後輩たちの活躍でドラマが完成した」「この場に立ち会えて本当に良かった」などと歓喜。かつてのメンバーと肩を組んで校歌を大声で歌い、優勝を祝福した。

 この日は、愛知県から「平成元年優勝メンバー号」と銘打ってバスをチャーター。企画した当時のマネジャー、袴田克彦さん(47)は「大会が始まる前からわくわくしていた」と話す。無料通信アプリ「LINE(ライン)」に当時のメンバーが連日、母校の活躍を書き込み、コメント数は1000件以上に。ライン上で盛り上がり、4強を決めた直後にバスを手配したという。

 主将で外野手だった会社員、山中竜美さん(47)=横浜市=は「あの時の緊張感や高揚感を思い出す。みんなが集まる応援の場を作ってくれた選手に感謝です」。石川投手が一回、先制の本塁打を放つと、当時外野手の学校職員、佐治靖生さん(47)=愛知県稲沢市=は「打った瞬間、鳥肌が立った」と感激していた。

 試合前には、応援団長だった自営業、伊奈誠さん(47)=名古屋市港区=が、現応援団長の山田斐祐将(ひゅうま)さん(17)に現役時代使っていたはちまきを託した。斐祐将さんは「歴史の重みを感じた。はちまきの効果です」、伊奈さんは「思いが伝わった。素晴らしいチームだ」と笑顔を見せた。斐祐将さんの父親で当時のエース、喜久夫さん(47)=愛知県弥富市=は「日本一の応援団長になった息子をほめてあげたい」と喜んだ。

 元内野手のプロゴルファー、中川恵造さん(47)=三重県川越町=は試合後、「平成の始まりと終わりの優勝が現実になり、本当にうれしい。令和になる夏の甲子園でも優勝し、新しい時代を築いてほしい」と期待した。【川瀬慎一朗、黒詰拓也、砂押健太】

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト