メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

王者東邦、輝く春 応援団「最高だ!」 選手ら喜びの声 /愛知

 <2019 第91回センバツ高校野球>

    厳しい練習に耐えた結果/全員の力で優勝できた

     成沢巧馬選手 夢の舞台で優勝ができて夢のよう。90分は短く、あっという間の決勝戦だった。

     松井涼太選手 またこの舞台に帰ってこられるよう、さらに練習を頑張る。帰ったらゆっくりしたい。

     杉浦勇介選手 冬のきつい練習を乗り越えて本当によかった。基本練習が少ないエラーにつながった。

     長屋陸渡選手 この瞬間のため皆で頑張ってきた。4日は監督の誕生日、最高のプレゼントを贈れた。

     熊田任洋選手 いつも通り練習でやっていたことを甲子園でも全部出せたから優勝できたのだと思う。

     吉納翼選手 今日打てたのはメンバーや応援団の応援のおかげ。全員の力で優勝できたことがうれしい。

     河合佑真選手 プレーしている時より緊張は無かった。石川の本塁打で良いスタートが切れた。

     坂上大誠選手 優勝は冬に全員で厳しい練習に耐えた結果。自分自身はもっとレベルアップしたいと思う。

     植田結喜選手 うれしいが、投球機会が少なく悔しさもある。夏は自分がエースとしてマウンドに立つ。

     奥田優太郎選手 優勝はうれしいが決勝で何もできなかった悔しさもある。投手としての信頼を高めたい。

     伊東樹里選手 ブルペン捕手として投手の調子を確かめた。投手が失点なく帰ってくるのがうれしかった。

     村北翔哉選手 まだ信じられない。甲子園は野球を楽しいなと改めて思わせてくれる場所だった。

     仲間裕也選手 代打と代走で出場した。夏までに打撃のミート力を上げ、レギュラーを取りたいと思う。

     山田航大選手 決勝では最後の打者のゴロをうまく処理できてうれしかった。五回の安打もよかった。

     岡田一晟選手 三塁コーチとして、状況に応じて判断できた。閉会式を終えて優勝の実感が湧いた。

     道崎亮太選手 メダルを掛けてもらって初めて実感が湧いた。地元に帰って親や中学の先生に報告したい。

     土屋大貴選手 同じ2年生が頑張っている姿がうれしくもあり悔しかった。もっと頑張って夏に帰ってくる。

     志水美紅記録員 絶対勝つと信じてベンチから見守っていた。夏もまた戻ってきて春夏連覇したい。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト