メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季近畿地区大会県予選 開幕 星林、田辺を降す /和歌山

【県和歌山-紀央館】七回裏、県和歌山の三塁走者がスクイズで生還し4点目=和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で、砂押健太撮影

 春季近畿地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞和歌山支局後援)は13日、和歌山市の県営紀三井寺球場などで開幕した。星林が昨秋の近畿大会県2次予選でベスト4に入った田辺を降した。日高中津と和歌山商、海南がコールド勝ちし、2回戦に駒を進めた。県和歌山も順調に初戦を突破し、有田中央と対戦予定だった高野山は不戦勝になった。

 決勝は5月12日の予定。優勝校は5月25日に奈良県橿原市で開幕する近畿大会に出場する。【砂押健太】

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文623文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです