メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季県大会 開幕 広陵・呉、初戦突破 広島新庄も /広島

 春季県高校野球大会(県高校野球連盟、県教委主催、毎日新聞広島支局など後援)が13日、開幕した。県内6球場で1回戦12試合、2回戦4試合の計16試合があり、前年優勝の広島新庄、今春のセンバツに出場した広陵、呉はいずれも初戦を白星で飾った。

 みよし運動公園野球場(三次市)であった開会式で、山田剛司・県高野連会長は「新しい時代の高校野球の発展は、選手の皆さんの熱い思いと真摯(しんし)なプレーにかかっている」と激励。広島新…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです