メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

サイン盗み抗議、星稜が監督処分 6月まで指導禁止

 第91回選抜高校野球大会2回戦の星稜(石川)-習志野(千葉)戦で、相手にサイン盗みの疑いがあると抗議した星稜の林和成監督(43)について、同校は15日、春季北信越地区大会が終わる6月上旬まで部活動の指導を禁止すると発表した。監督は山下智将(としまさ)部長(37)が代行する。

     同校によると、3月28日の試合後、習志野の控室で直接抗議した林監督の行為について「試合中に『サイン盗みの確証はない』と判定した審判団に承服しない態度で、フェアプレーの精神を侵した」と認定。その後も学校の許可なく週刊誌の取材を受け正当性を主張し「高校野球ファンの期待と信頼を傷つけた」と判断した。12日に林監督と山下部長の懲戒処分を決めたという。

     山下部長は山下智茂元監督(現名誉監督)の長男。林監督の復帰時期について学校側は「コメントできない」としている。【岩壁峻】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト