メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季県大会 明石商、好発進 神戸国際大付も /兵庫

【相生学院-明石商】好投した明石商の杉戸理斗投手=兵庫県明石市の明石トーカロ球場で、黒川優撮影

 2019年度春季県高校野球大会は第2日の20日、明石トーカロなど4球場で2回戦9試合が行われた。センバツで4強入りした後、初の公式戦となった明石商は相生学院に大勝し、連覇に向けて好発進した。4年ぶりの優勝を狙う神戸国際大付は昨年3位の市尼崎を降した。【黒川優】

テンポ良く投球

 ○…明石商は先発の左腕、杉戸理斗投手(3年)が6回3分の2を被安打2、無失点の好投。変化球をテンポ良く投げ分けて相手に二塁を踏ませなかった。センバツ2回戦・大分戦では救援で登板して4連続三振を奪い、「制球が良く、動じない」(狭間善徳監督)と信頼が厚い。センバツ後の初戦のマウンドに「緊張感はあったが、良い雰囲気で臨めた。夏に向けて上半身を鍛えて球速を上げて、左のエースと呼ばれたい」と充実した表情を見せた。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1041文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです