メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季県大会 八頭が初戦突破 きょうシード4校登場 /鳥取

【米子高専-倉吉農】三回表米子高専2死一、二塁、友森の適時打で二塁から角谷が生還し、同点=鳥取市のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場で、園部仁史撮影

 春季県高校野球大会(県高野連主催)は20日、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)など3会場で開幕した。1回戦7試合があり、昨年覇者の八頭は、日野・境港総合技術の合同チームを破った。21日は2回戦8試合があり、鳥取城北、米子東、鳥取商、倉吉東のシード4校が登場する。【園部仁史】

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文967文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです