メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

東邦高へ優勝盾 四日市のサンドブラスト作家・松田忠雄さん制作 /三重

完成した優勝盾を手に笑顔を見せる松田忠雄さん(左)と吉川進司さん。選手や監督の名前を記したグラスも用意した=毎日新聞四日市支局で

 <センバツ高校野球>

     四日市市小林町のサンドブラスト作家、松田忠雄さん(85)が、今春の第91回選抜高校野球大会で優勝した東邦高校(愛知)へ贈る優勝盾を制作した。

     盾には、監督名や選手名に加え、トーナメント表を頂点までの軌跡を赤色で、校名を金色で記している。盾のほか、監督や選手の名前を彫り込んだグラスも作った。

     サンドブラストは、ガラスなどに細かい砂を吹き付け、文字などを彫る技法。盾は、記念品を扱う店を営み、松田さんを3年前からサポートしている元高校球児の吉川進司さん(71)=同市八王子町=とともに、25日に同校に出向いて手渡す予定。

     松田さんは春・夏の甲子園優勝校と、全国高校ラグビーの優勝校にも盾を贈り続けている。松田さんは「東邦は平成の最初と最後の大会で優勝するなど大したものだ」、吉川さんは「盾を届けて喜ばれるとうれしい気持ちになる」と笑顔で語った。【佐野裕】

    〔三重版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト