メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

北信越地区県大会 1回戦 長岡工など勝利 /新潟

 第140回北信越地区高校野球県大会(県高野連など主催)が27日開幕し、長岡市の悠久山野球場など3球場で1回戦6試合が行われた。

     同球場の第1試合では長岡工と小出が対戦。長岡工は1点リードで迎えた八回、5番・神林の中前2点適時打などで一挙4点を追加、九回にも6点を加え小出を突き放した。

     第2試合の十日町-六日町は、四回に十日町の5番・西川の左前適時打などで2点を先制。八回にも犠飛で1点を追加し逃げ切った。六日町は八、九回に1点ずつ返すも、あと一歩及ばなかった。

     28日は新潟市中央区の鳥屋野野球場など3球場で、1回戦6試合が行われる。【露木陽介】

     ▽1回戦

     <新発田・五十公野公園>

    新津工  9-8 巻総合

    新発田商 8-0 豊栄

     (七回コールド)

    新発田中央 18-0 新潟向陽

     (五回コールド)

     <新潟・みどりと森>

    佐渡総合 10-2 万代

     (七回コールド)

     <長岡・悠久山>

    長岡工 14-3 小出

    十日町  3-2 六日町

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです