メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季四国地区大会 高松商、リード守れず 準決勝で敗退 /香川

【高松商-富岡西】七回表高松商1死一、三塁、敵失の間に石丸圭佑選手が生還=松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、遠藤龍撮影

 第72回春季四国地区高校野球大会(四国地区高野連主催)の準決勝2試合が4日、松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムであった。第1試合では、明徳義塾(高知1位)が10-0で松山聖陵(愛媛1位)をコールドで降した。今春のセンバツ出場校同士の対戦となった第2試合では、富岡西(徳島1位)が4-3で高松商(香川1位)にサヨナラ勝ちした。明徳義塾と富岡西の決勝は5日午前10時から同スタジアムで行われる。【遠藤龍】

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文578文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです