メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
高校野球

春季東北地区県大会 決勝は能代VS明桜 両校東北大会へ /秋田

【能代-湯沢翔北】八回表能代1死二、三塁、小林虎が右越え三塁打を放ち逆転。捕手は後藤=秋田市のこまちスタジアムで

 第67回春季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞秋田支局など後援)は25日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝2試合があった。能代は湯沢翔北との延長戦を制し、明桜は秋田中央に競り勝って決勝に進出。両校は6月6日から山形県である東北大会出場も決めた。26日は午前9時半から湯沢翔北-秋田中央の第3代表決定戦、午後0時半から決勝が同スタジアムである。【下河辺果歩】

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文809文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです