メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季近畿地区大会開幕 智弁和歌山、姿消す /和歌山

【智弁和歌山-智弁学園】四回表智弁和歌山2死一、二塁、黒川が走者一掃の適時二塁打を放つ=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、姜弘修撮影

 春季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が25日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで開幕し、1回戦2試合があった。智弁学園(奈良)は5点差を引っくり返し、智弁和歌山(和歌山)との「智弁対決」を制した。近江(滋賀)は終盤に粘る高田(奈良)を引き離し逃げ切った。26日は1回戦の残り2試合があり、郡山(奈良)と大商大高(大阪)、神戸国際大付(兵庫)と京都国際(京都)が対戦する。【小宅洋介、姜弘修】

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです