メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季近畿地区大会 京都国際敗れる /京都

【神戸国際大付-京都国際】六回裏京都国際1死二、三塁、木村が左翼線に二塁打を放ち2点を返す=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、姜弘修撮影

 春季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は26日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦2試合があり、4強が出そろった。郡山(奈良)が大商大高(大阪)に競り勝ち、神戸国際大付(兵庫)は京都国際に勝利した。

 準決勝は6月1日午前10時から同スタジアムであり、智弁学園(奈良)と近江(滋賀)が、郡山と神戸国際大付が、それぞれ対戦する。【小宅洋介、姜弘修】

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. インスタが「いいね」数非表示に 精神的負担、軽減する狙い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです