メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季近畿地区大会 神戸国際大付、準V 近江に惜敗 /兵庫

【近江-神戸国際大付】一回裏神戸国際大付2死三塁、西尾が同点の適時二塁打を放つ=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、加藤佑輔撮影

 春季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は2日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで決勝があり、近江(滋賀)と神戸国際大付が対戦した。延長十一回までもつれ込む接戦の末、近江が7-5で勝利し、16年ぶり2回目の優勝を決めた。【小宅洋介、加藤佑輔】

 ▽決勝

近江

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文366文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです