メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季東北地区大会 聖愛、延長サヨナラ初V 秋田・明桜に5-4 /青森

【明桜ー弘前学院聖愛】十回裏弘前学院聖愛1死一、二塁、桜庭のサヨナラ打で本塁に生還した五十嵐と抱き合う選手たち=山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで

 第66回春季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞山形支局など後援)は11日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで決勝が行われた。弘前学院聖愛(青森)が延長戦の末、明桜(秋田)に5-4でサヨナラ勝ちして、初優勝した。

 試合後、弘前学院聖愛の原田一範監督は「苦しい試合だった。序盤に4点を取られ、ベンチの雰囲気が悪くなったが、選手たちが盛り上げて優勝を呼び込んだ」と話した。…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです