メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

令和の怪物「甲子園へ」 大船渡高・佐々木投手 大谷超え163キロ右腕磨く

4月に高校最速とされる163キロをマークした大船渡高・佐々木朗希=岩手県一関市の大東球場で2019年6月2日午後1時59分、生野貴紀撮影

 「令和の怪物」が高校最後の夏に向けて最終調整に入った。岩手・大船渡高の最速163キロ右腕・佐々木朗希(ろうき)投手(3年)。岩手・花巻東高3年時に160キロをマークした大谷翔平投手(24)=米大リーグ、エンゼルス=に続き、またも岩手から現れた逸材に日米のスカウトは色めき立ち、本人は「チームみんなで甲子園に行きたい」と意気込んでいる。【生野貴紀】

 2日、岩手県一関市で行われた長野・佐久長聖高との練習試合。先発した佐々木は149球を投げて完投し1…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1293文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番
  2. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  5. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです