メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

埼玉大会 組み合わせ抽選 152チーム、挑む夏 浦学はノーシード 来月10日開幕 /埼玉

引き締まった表情で抽選のくじを引く主将=さいたま市大宮区で

 第101回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が19日、さいたま市大宮区の市民会館おおみやであった。大会日程は7月10~28日で、昨年より6チーム少ない152チーム(163校)が県内10球場で熱戦を繰り広げる。

 シード校は、春の県大会優勝の春日部共栄など同大会ベスト4を含む全16校。準決勝は27日、決勝は28日で、両日とも県営大宮公園野球場で行われる予定。優勝チームは、8月6日から阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催される全国大会に出場する。

 選手宣誓を務めることになった川口工の菅野玄太主将(3年)は「(選手宣誓に選ばれて)まさか自分がと思ったが、決まったからにはやるしかない。昨年冬まで部員8人でやってきたが、その分全員で絆を深められた。野球ができる喜びを選手宣誓で伝えたい」と意気込みを見せた。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 「世界の薬局」インドのワクチン外交 周辺国に無償提供、中国に対抗か

  4. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです