メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

抽選会 44チーム、対戦決まる 秋田大会、来月10日開幕 /秋田

組み合わせ抽選会に臨んだ明桜の加藤洋平主将=秋田市で

 第101回全国高校野球選手権秋田大会(県高校野球連盟など主催)の組み合わせ抽選会が20日、秋田市で行われ、出場する46校44チームの対戦カードが決まった。春の県大会を制した明桜は大館国際-秋田の勝者と対戦する。大会は7月10日に開幕し、20日に決勝の予定だ。【下河辺果歩、高野裕士】

 抽選会には各チームの主将ら46人が出席。チーム単位で次々に登壇してくじを引き、学校名と番号を読み上げた。シード校は春の県大会で8強入りした明桜▽能代▽秋田中央▽湯沢翔北▽角館▽横手▽大曲▽大曲工。

 会場はこまちスタジアム(秋田市)▽能代球場(能代市)▽グリーンスタジアムよこて(横手市)▽さきがけ…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです