メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

抽選会 44チーム、対戦決まる 秋田大会、来月10日開幕 /秋田

組み合わせ抽選会に臨んだ明桜の加藤洋平主将=秋田市で

 第101回全国高校野球選手権秋田大会(県高校野球連盟など主催)の組み合わせ抽選会が20日、秋田市で行われ、出場する46校44チームの対戦カードが決まった。春の県大会を制した明桜は大館国際-秋田の勝者と対戦する。大会は7月10日に開幕し、20日に決勝の予定だ。【下河辺果歩、高野裕士】

 抽選会には各チームの主将ら46人が出席。チーム単位で次々に登壇してくじを引き、学校名と番号を読み上げた。シード校は春の県大会で8強入りした明桜▽能代▽秋田中央▽湯沢翔北▽角館▽横手▽大曲▽大曲工。

 会場はこまちスタジアム(秋田市)▽能代球場(能代市)▽グリーンスタジアムよこて(横手市)▽さきがけ八橋球場(秋田市)の4球場。開会式は10日午前10時から、こまちスタジアムで行われ、午後0時半からの開幕戦では大館国際と秋田が対戦する。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです