メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」

タッチプレー=中村真一郎撮影

 25日の第101回全国高校野球選手権大会の北北海道大会十勝地区1回戦で、無死走者なしから投球2球で3アウトとなる珍事があった。

 帯広緑陽―帯広工戦の三回表で、帯広工の菅谷投手(3年)の初球は捕手の打撃妨害となり、先頭打者が出塁。次打者の1球目は一直に打ち取られ、離塁した走者は戻れず併殺。3人目の打…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『呪術廻戦』累計850万部突破、約1年で3.4倍 1巻から新人作家として異例の売れ行き

  2. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 「多頭飼育崩壊」 近隣住民の訴えから2年、対策取られず 行政はなぜ動かなかったのか

  5. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです