メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

春の覇者・東邦 ノーシードから挑む「森田監督最後の夏」 愛知大会開幕

守備練習に取り組む東邦の石川昂弥主将=愛知県東郷町の同校グラウンドで2019年6月21日午後4時5分、三浦研吾撮影

 29日に開幕した第101回全国高校野球選手権愛知大会では、今春のセンバツ大会で平成最後の優勝を果たした東邦の「春夏連覇」挑戦に注目が集まっている。愛知は全国最多の188校がしのぎを削る激戦区。東邦は春の県大会では初戦敗退に終わった。ライバル強豪校がひしめく中、ノーシードで30日の初戦に臨む。

 1989年の平成最初の優勝以来、30年ぶり5回目のセンバツ優勝を飾った東邦ナイン。しかし、優勝後、最初の公式戦となった4月20日の春季県大会では、自慢の打線が振るわず中部大第一に1―5で敗れた。「夏はもう始まってるよ」。試合後、森田泰弘監督(60)は選手たちを鼓舞した。センバツ決勝で2本塁打、完封劇を演じた石川昂弥主将(3年)は「自分たちの力はこんなもの…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文816文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです