メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

大船渡・佐々木「何が何でも勝つ」 最後の夏へ意気込み

最後となる夏の大会への思いを語る大船渡・佐々木

 高校野球で岩手・大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)が30日、夏の岩手大会の組み合わせ抽選会(26日)以降、初めて取材に応じた。7月15日の初戦、遠野緑峰戦へ「何が何でも勝てるよう頑張りたい」と意気込みを語った。

 この日、佐々木は秋田県由利本荘市で由利(秋田)との練習試合に先発。3回を投げ、3安打6奪三振、無失点の内容で、最速はプロのスカウトの計測で153キロだった。

 4月の高校日本代表候補合宿で163キロを出してから、体の状態を考慮して力を抑えた投球を続けてきた。…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです