メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

奈良大会 38チーム対戦決まる 選手宣誓は王寺工 13日開幕 /奈良

第101回全国高校野球選手権奈良大会の組み合わせ

 13日に橿原市の佐藤薬品スタジアムで開幕する第101回全国高校野球選手権奈良大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が1日、橿原市の県橿原文化会館であった。参加41校(38チーム)の代表が出席し、くじ引きで次々と対戦相手が決まった。【小宅洋介】

 会場では練習で真っ黒に日焼けした選手らの姿が目立った。県高野連の新田泰三会長が「相手チームへの敬意を持ち、今までやってきたことを信じて大会に臨んでほしい」と選手を激励。その後、各主将らが緊張した表情でくじ引きに臨んだ。

 選手宣誓は抽選で王寺工の濱田和希主将(3年)に決まった。濱田主将は「くじを引いたときは頭が真っ白に…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです