メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

長野大会 84チームの熱戦開幕 初戦は松本県ケ丘快勝 /長野

開会式で入場行進する前年優勝校の佐久長聖の選手たち=長野県松本市浅間温泉の松本市野球場で

 第101回全国高校野球選手権長野大会が6日、松本市野球場で開幕した。甲子園出場を目指し、84チーム86校が21日まで5球場で熱戦を繰り広げる。

 開会式は曇り空のもと、大勢の高校野球ファンの前で行われた。今年4月に県内初となる女子硬式野球部を創部した松本国際の駒村真祐樹主将(1年)が選手を先導。前年優勝校の佐久長聖を先頭に入場行進し、元山友愛主将(3年)が優勝旗を返還した。

 選手宣誓は飯田の木下旭主将(3年)が担当した。「令和という新時代の夏が、高校野球の新たな100年の…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文649文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです