メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

高知大会 チーム紹介/上 明徳義塾 全員野球で王座奪還 /高知

投球練習をする明徳義塾の投手ら=高知市五台山の市東部総合運動場で、北村栞撮影

 9連覇がかかった昨夏の高知大会決勝で涙をのんだ強豪・明徳義塾。総合力の高いチームへと成長しており、甲子園への“帰還”に向けて、余念が無い。

 今年は例年に増して選手層が厚い。春季四国大会では、昨夏からレギュラーの正捕手・安田陸選手(3年)をけがで欠くなど、ベストメンバーをそろえられなかった。だが、決勝以外は全てコールド勝ちし、圧倒的な強さで優勝した。

 昨秋以降、けが人が続出する苦境に陥る中で、選手たちは「全員で戦う」という意識を強く共有。チームの力…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです