メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

佐賀大会 開幕戦 唐津工、コールド勝ち 唐津西も初戦飾る /佐賀

力強く選手宣誓をした武雄の樋口主将

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会が6日、佐賀市のみどりの森県営球場で開幕した。開幕戦では唐津工が神埼に7-0でコールド勝ち。第2試合でも唐津西が厳木を10-0と圧倒した。

 晴天のもと行われた開会式では、統合チームを含む県内の39チームがはつらつと入場行進した。武雄の樋口統也主将は選手宣誓で「新たな100年のスタートとなるこの大会に出場できることを誇りに思う」とし、「関わってくれた全ての方々への感謝を胸に、最高の仲間と全力で正々堂々と戦い、記憶に残る令和最初の戦いとなるように誓う」と力強く語った。

 7日はみどりの森県営球場と佐賀市立野球場(佐賀ブルースタジアム)で1回戦5試合と2回戦1試合がある。【山口響】

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです