メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大分大会 きょう開幕 シード校中心に展開か /大分

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)が7日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで開幕する。今年は45校44チームが出場し、8月6日に阪神甲子園球場で始まる全国大会出場に向けて、熱戦を繰り広げる。

 大会は、今春のセンバツでエース若杉晟汰投手(2年)らの活躍により春夏通じて初めてベスト4入りした明豊や、センバツ初出場を果たした大分…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです