メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

茨城大会 東洋大牛久、逆転勝利 つくば国際大高は圧勝 /茨城

【緑岡-東洋大牛久】五回裏東洋大牛久2死三塁、井田の左前適時打で三走の中嶋が生還、3点目=ノーブルホームスタジアム水戸で

 第101回全国高校野球選手権茨城大会(県高野連など主催)は7日、水戸市見川町のノーブルホームスタジアム水戸など6球場で1回戦12試合があった。東洋大牛久は3-4で迎えた七回、2死一、三塁から阿部泰芽選手(3年)の3点本塁打で逆転。3投手が継投し、6-4で勝利した。

 下館一も最大3点差を逆転し、8-4で鉾田一を降した。土浦三は3-2で牛久に、結城一は2-1で友部に勝ち、ともに1点差の接戦を制した。8日はノーブルスタ水戸など5球場で1回戦10試合がある。【小林杏花】

 ○…五回表、緑岡が3点を奪って逆転すると、全校生徒が詰めかけたスタンドは大歓声に包まれた。応援の中心には、応援団の山野辺義和団長(3年)がいた。「この日のために気合を入れて坊主にした」と照れ笑いを浮かべた。2年の時、声をからして応…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです