メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 シード・樹徳、零封勝ち 桐生第一はコールド発進 /群馬

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連、朝日新聞前橋総局主催、毎日新聞前橋支局など後援)は7日、上毛新聞敷島球場など3球場で1回戦8試合を行った。

 シード校では、樹徳が西邑楽を降し、桐生第一が藤岡中央にコールド勝ち。このほか、シーソーゲームを制した前橋東のほか、中央中等と高崎商大付、渋川、伊勢崎興陽、高崎北が2回戦に進出した。

 8日は1回戦8試合が3球場で行われる。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです