メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第101回全国高校野球

群馬大会 シード・樹徳、零封勝ち 桐生第一はコールド発進 /群馬

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連、朝日新聞前橋総局主催、毎日新聞前橋支局など後援)は7日、上毛新聞敷島球場など3球場で1回戦8試合を行った。

 シード校では、樹徳が西邑楽を降し、桐生第一が藤岡中央にコールド勝ち。このほか、シーソーゲームを制した前橋東のほか、中央中等と高崎商大付、渋川、伊勢崎興陽、高崎北が2回戦に進出した。

 8日は1回戦8試合が3球場で行われる。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1113文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです