メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

滋賀大会開幕 球児よ、夏に輝け /滋賀

入場行進する各チームの選手ら=大津市御陵町の皇子山球場で、菅健吾撮影

 令和初となる夏の甲子園出場を目指す「第101回全国高校野球選手権滋賀大会」(県高野連、朝日新聞社主催)が7日、大津市御陵町の皇子山球場で開幕した。昨年より1校少ない、52校49チーム(うち1合同チーム)が出場。26日の決勝までの14日間、湖国の球児たちに熱く、忘れられない夏が訪れた。【菅健吾】

 開会式では49チームが昨年優勝の近江、準優勝の綾羽に続き、伊香から高島まで県内を琵琶湖を中心に時計回りの順で入場行進。選手宣誓で高島の大岡尋主将(3年)が「今、この舞台に立っていられる喜び、感動、感謝の思いを忘れず、ファイト、フェアプレー、フレンドシップの精神にのっとり、令和初の頂点を目指し最後まで全力で戦うことを誓う」と力強く述べた。

 開会式直後の開幕戦では、彦根翔西館が安曇川に12-2で七回コールド勝ちを収めた。

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです