メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 伊勢崎商、延長サヨナラ 市太田なども2回戦進出 /群馬

【太田-伊勢崎商】十回裏伊勢崎商1死満塁、鈴木のサヨナラ右前適時打で生還する三走・猿橋(中央)=上毛新聞敷島球場で

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連など主催)は8日、上毛新聞敷島球場など3球場で1回戦8試合があり、延長でサヨナラ勝ちした伊勢崎商やシード校の市太田、館林商工など8チームが2回戦に駒を進めた。

 このほか、吉井、関東学園大付、新田暁、利根実、桐生工が勝利した。9日は1回戦8試合が3球場で行われる。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです