メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
つかめ・甲子園切符’19

島根大会・注目校/上 大社 選手層底上げ余念なく /島根

実戦形式の練習に取り組む大社の選手たち=島根県出雲市大社町北荒木の同校で、鈴木周撮影

 昨秋と今春の県大会チャンピオン。いずれも決勝は劇的な逆転サヨナラだった。攻めては隙(すき)を突いた走塁でチャンスを広げ、守っては小刻みな継投策で相手打線を封じ込める。猛暑の県大会を勝ち上がって27年ぶりの夏の甲子園に立とうと、選手層のさらなる底上げに余念がない。

 「九回裏、2死満塁、守備側が1点リード」。打者が大きく深呼吸してバッターボックスに立つと、守備陣はマウンドに集まり、声を掛け合った。打者が右前打を放って二塁走者がホームイン、歓喜する攻撃側。7月上旬の放課後の練習風景だ。状況を細かく設定し、公式戦さながらの強い緊張下で取り組む「ケースバッティング」の積み重ねが、大一番での強さにつながってきた。

 「試合のような熱量で練習しないと本番で結果は出ない」と石飛守監督。それは、昨夏の県大会・準々決勝で…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文874文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  4. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです