メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

高知大会 チーム紹介/下 高知 優勝へ守備力を強化 /高知

ノックを受ける高知の投手ら=高知市尾立の同校野球部新グラウンドで、北村栞撮影

 県内で唯一、春夏の甲子園優勝を果たしている名門校、高知。注目の集まる1年生右腕など新たな戦力も加わり、10年ぶりの夏の甲子園出場を目指す。

 昨秋と今春の県大会では安定した戦いぶりを見せており、いずれも準優勝。ただ、あと一歩、流れに乗りきれないまま試合が終わることも多く、優勝には手が届かなかった。

 “優勝”に必要なものは何か。着目したのは守備の立て直しだ。冬はノックの数をこなして…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです