メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大分大会 柳ケ浦と藤蔭、順当に 別府翔青はコールド勝ち /大分

【藤蔭-大分東明】四回表藤蔭無死二、三塁、朝倉康平選手の犠飛で樋口昇樹選手がホームを踏む

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は8日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで1回戦3試合があった。別府翔青が高田に10-3で八回コールド勝ちし、柳ケ浦が竹田を4-0で完封。昨年の優勝校、藤蔭は大分東明を6-2で降した。9日は同スタジアムで1回戦3試合がある。【河慧琳、尾形有菜】

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです