メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 伊勢崎清明、投手戦制す 桐生、利根商なども2回戦へ /群馬

【太田工-伊勢崎清明】十回裏伊勢崎清明1死満塁、サヨナラ左前適時打を放ち喜ぶ中沢(右)=上毛新聞敷島球場で

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連など主催)は9日、上毛新聞敷島球場など3球場で1回戦8試合があり、投手戦を制した伊勢崎清明や延長十回に逆転した桐生などが2回戦に進んだ。

 利根商や前橋商、高崎商、館林、桐生市商、高崎も2回戦進出。10日は、上毛新聞敷島球場で1回戦残り2試合が行われる。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです