メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 伊勢崎清明、投手戦制す 桐生、利根商なども2回戦へ /群馬

【太田工-伊勢崎清明】十回裏伊勢崎清明1死満塁、サヨナラ左前適時打を放ち喜ぶ中沢(右)=上毛新聞敷島球場で

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連など主催)は9日、上毛新聞敷島球場など3球場で1回戦8試合があり、投手戦を制した伊勢崎清明や延長十回に逆転した桐生などが2回戦に進んだ。

 利根商や前橋商、高崎商、館林、桐生市商、高崎も2回戦進出。10日は、上毛新聞敷島球場で1回戦残り2試合が行われる。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです