メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大分大会 大分雄城台、大分国際情報 共に接戦制す 大分舞鶴はコールド勝ち /大分

【大分雄城台-佐伯鶴城】一回表大分雄城台1死三塁、佐藤心一選手が2得点目につながる安打を放った

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は9日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで1回戦3試合があった。大分雄城台が佐伯鶴城を8-7で制し、大分舞鶴は中津北に7-0でコールド勝ち。大分国際情報は日出総合に延長十回7-6で接戦を制した。10日は同スタジアムで1回戦3試合がある。【河慧琳】

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです