メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 東農大二が四回猛攻 桐生南も2回戦に進出 /群馬

【大泉-東農大二】四回裏東農大二2死一、二塁、平形の適時打で二走・古池(右)が生還し同点=上毛新聞敷島球場で

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連など主催)は10日、上毛新聞敷島球場で1回戦の残り2試合があり、四回に打者一巡の猛攻を見せた東農大二と着実に得点を重ねた桐生南が2回戦に駒を進めた。

 2回戦は13日からスタート。13日は上毛新聞敷島球場と高崎城南球場で計4試合があり、シード校の前橋育英と健大高崎が登場する。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです