メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

新潟大会 三条、コールド勝ち 昨夏V中越、関根学園降す /新潟

【関根学園-中越】二回裏中越1死三塁、中村のスクイズで3点目が入る=長岡市の悠久山野球場で

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は11日、長岡市の悠久山野球場など6球場で2回戦16試合があった。

 今春の県大会準優勝の三条はコールド発進。同点で迎えた四回、無死一、三塁から坂井が2点適時二塁打を放ち勝ち越すと、その後も追加点を奪って高田農商を降した。高田農商は先発の上野が好投するも打線が三回以降つながらなかった。

 昨夏の覇者・中越と昨秋の県大会4強の関根学園との好カードは中越が制した。一回に敵失などで2死一、二…

この記事は有料記事です。

残り2346文字(全文2567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです