メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
夏の高校野球

佐賀大会 伊万里、終盤に底力 佐賀工はコールド勝ち 3回戦へ /佐賀

【伊万里-塩田工・嬉野】九回表伊万里2死二塁、勝ち越しの適時三塁打を放ち、塁上でガッツポーズを見せる前田大斗選手(左)

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は11日、佐賀市のみどりの森県営球場で2回戦2試合があった。塩田工・嬉野は昨春のセンバツ出場校、伊万里に3-4で逆転負けを喫した。佐賀工は唐津東に11-3でコールド勝ちし、3回戦進出を決めた。

 伊万里は3点をリードされた八回表、2死二塁から4連打。金子洋之進選手の右前適時打で同点に追いつく。九回には2死二塁から前田大斗選手が右越え適時三塁打を放ち逆転に成功した。塩田工・嬉野は一回、山田太一選手の適時三塁打で先制。四回と六回にも加点して主導権を握り、主戦の中村竜也投手は134球の力投を見せたが惜しくも敗れた。佐賀工は2-1で迎えた四回裏、松石弥也選手の適時打など打者一巡の猛攻で5点を挙げ、突き放した。唐津東も、一回に中嶋将梧選手の適時打で先制するなど意…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文872文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです