メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大分大会 上野丘、臼杵が2回戦へ 日田林工も接戦制す /大分

【楊志館-大分上野丘】三回裏大分上野丘2死満塁、赤峯啓太選手の左前適時打で生還する武藤和真選手撮影

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は11日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで1回戦3試合があった。大分上野丘と臼杵は、それぞれ楊志館、大分東にコールド勝ち。日田林工は別府鶴見丘を3-2で降した。12日は2回戦4試合がある。【河慧琳】

楊志館、継投崩せず

 ▽1回戦

楊志館

  0001100=2

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです