メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第101回全国高校野球

埼玉大会 シード5校、3回戦へ 杉戸は延長十三回制す 12試合中止 /埼玉

【大宮-春日部】七回裏春日部1死二、三塁、代打浅川の犠飛で勝ち越しの4点目=さいたま市大宮区の市営大宮球場で

 第101回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連など主催)は12日、雨天のため、予定の20試合のうち12試合が中止され、県営大宮公園野球場など3球場で2回戦8試合があった。

 シード校の春日部共栄、松山、聖望学園、昌平、花咲徳栄が初戦に臨み、いずれもコールド勝ちで3回戦進出を決めた。杉戸-草加は延長十三回タイブレーク、3時間41分の熱闘となり、杉戸が競り勝った。

 13日は、雨天順延された12試合を含む2回戦22試合が9会場で実施される。昨夏の甲子園ベスト8の浦…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文987文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです