メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

新潟大会 糸魚川・渡辺勝16K 昨夏準Vの新発田、初戦敗退 /新潟

【高田北城-高田】九回裏高田2死二、三塁、矢坂がサヨナラとなる適時打を放つ=新潟県柏崎市佐藤池新田の佐藤池野球場で

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は12日、柏崎市の佐藤池野球場など6球場で2回戦16試合があった。

 糸魚川は主戦の左腕・渡辺勝が16奪三振の完投で6-2で柏崎を降した。新潟産大付も打線が爆発し糸魚川白嶺に11-1でコールド発進。シード校の敗退も相次ぎ、昨夏準優勝の新発田は新潟西に2-4で敗れ初戦で姿を消した。第5シードの長岡大手も上越に2-3で敗れた。【露木陽介】

この記事は有料記事です。

残り1791文字(全文1987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです