メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 健大高崎が敗退 前橋育英など3回戦進出 /群馬

前橋育英の先発・梶塚彪雅

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連など主催)は13日、上毛新聞敷島球場など2球場で2回戦4試合があった。今春の県大会準優勝の健大高崎が高崎商大付に7-9で敗れた。健大高崎は昨年まで5年連続で夏の群馬大会決勝に進出していた。

 昨秋と今春の県大会覇者で、夏の群馬大会3連覇中の前橋育英は投手陣の好投で渋川を零封し、3回戦に進出。渋川青翠が明和県央との接戦を制し、前橋南は序盤の得点で伊勢崎の追い上げをかわした。

 14日は2球場で2回戦4試合がある。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです