メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

和歌山大会 神島、手堅く初戦突破 田辺、那賀も2回戦進出 /和歌山

【橋本-神島】二回裏神島無死一、三塁、鈴木が左前安打を放ち、2点目=和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で、砂押健太撮影

 第101回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連など主催)は第2日の13日、和歌山市の県営紀三井寺球場で1回戦3試合があった。田辺は粘る慶風を終盤に突き放し、那賀は着実に得点を重ねて県和歌山を降した。神島は序盤のリードを手堅く守り切り、橋本を破って2回戦に駒を進めた。【砂押健太】

 ▽1回戦

田辺

  300022320=12

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです