メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

愛媛大会 球児の夏、雨で幕開け 試合順延 58チームが入場行進 /愛媛

雨の中、元気に行進する選手ら=松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、遠藤龍撮影

 第101回全国高校野球選手権愛媛大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)が13日、松山市の坊っちゃんスタジアムで開幕した。雨天のため、予定していた1回戦1試合は14日に順延。この日は開会式のみ開かれた。

 開会式では、降り続く雨のため入場行進を一部簡略化し、出場59校58チームの選手たちが外野に整列した状態から内野方向に短く行進した。

 県高野連の忽那浩会長が「いよいよ開幕。最高の夏となるよう、健闘を祈る」とあいさつ。松山北の山本健太…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  5. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです