メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

新潟大会 北越、見附を零封 今春準V三条、3回戦敗退 /新潟

【十日町-新潟工】九回表十日町2死二塁、岡田の適時打で二走の猪股が生還し1点を勝ち越す(捕手・浜谷)=新潟県新発田市五十公野の五十公野公園野球場で影

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は14日、新発田市五十公野の五十公野公園野球場など4球場で3回戦8試合があった。今春準優勝の三条は佐渡に七回コールドで敗れ、3回戦で姿を消した。

 今春4強の北越は見附と対戦。2-0で迎えた五回、敵失で1点を加えた後、1死満塁から佐藤が適時二塁打を放つなど、この回に4点を加え突き放した。見附は8安打を放ったが本塁が遠く、先発の山口を援護できなかった。

 十日町は終盤の好機をものにした。同点の九回、2死二塁から岡田が中前適時打を放ち二走の猪股が一気に生…

この記事は有料記事です。

残り1566文字(全文1820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです