メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

和歌山大会 和歌山東、打線爆発 粉河、和歌山商も2回戦へ /和歌山

【和歌山東-星林】五回裏和歌山東1死二塁、岡野が左越え安打を放ち、勝ち越し=和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で、砂押健太撮影

 第101回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連など主催)は第3日の14日、和歌山市の県営紀三井寺球場で1回戦3試合があった。粉河は着実に得点を重ねて紀北農芸に五回コールド勝ち。和歌山商は終盤に粘りを見せた初芝橋本との乱打戦を制した。和歌山東は終盤の大量得点で六回コールド勝ちを収め、それぞれ2回戦に駒を進めた。【砂押健太】

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです